So-net無料ブログ作成

成田空港第一ターミナル 南ウィング [交通]

今回は新しくなった成田空港第一ターミナルを紹介します。
ここは、かつて成田空港がオープンしたとき使われていたターミナルです。
その後、第2ターミナルがオープンし、日系航空会社は第2ターミナルに移り、第一ターミナルは外資系航空会社が使用するようになっていました。しかし、長年の使用により、老朽化が激しかったこと、そして、その後の航空業界の再編により、各アライアンスをひとつのターミナルに集約する必要があり、大規模なリニューアル工事が行われることになりました。

そして、遂に2006年6月、ANAをはじめスターアライアンスが集約するニュー第一ターミナル南ウィングがオープンしました。

第一ターミナルの南ウィングには以下の航空会社のカウンターがあります。
IBEXエアラインズ
アシアナ航空
ヴァリグ・ブラジル航空
ウズベキスタン国営航空
エアージャパン
エアーニッポン
エア・カナダ
エバー航空
オーストリア航空
シンガポール航空
上海航空
スイスインターナショナルエアラインズ
スカンジナビア航空
全日本空輸
タイ国際航空
トルコ航空
香港ドラゴン航空
MIATモンゴル航空
USエアウェイズ
ユナイテッド航空
ルフトハンザドイツ航空

この新ターミナル、なかなか優れた設計になっています。

<アプローチ>
まず、車でアプローチした場合、車からチェックインするシステムができました。海外ではこういうシステムがありましたが、これは便利です。今後は、バレーパーキングサービスなど、さらなるサービスを追加してもらいたいですね。

バスや電車でアプローチする場合は、今までと変わりはありません。

いつも思うのですが、空港に入る前のチェックは必要なんでしょうか?「私は爆弾を持っています」と叫ばない限り全員通過できます。あの検査員の人件費はかなりかかっていますが、セキュリティとして全く機能していません。

<チェック・イン>
各航空会社のチェックインターミナルが並んでいます。とてもわかりやすい構造ときれいな内装が好印象を与えます。カウンターの数が増え、各社共に以前よりスムースなチェックインができるようです。
各社の上級顧客は、ここから別ルートでセキュリティ・チェックを受け出国審査ゲートまで行けるようになりました。このシステムは羽田などでも始まっています。夏休みや年末年始の行列に並ばずに出国審査ができるのは大きなメリットです。

<ターミナル内のショッピングゾーン>
TSUTAYAが入っているのが一番の目玉でしょう。ここでは、飛行機で時間を潰すための本やDVDが沢山揃っています。今までのような小さなスペースの本屋さんではないのでかなりの本が揃っています。ほかにもレストランなどが充実していて、必要なものは揃います。そして店舗ごとが広いので、ゆっくりと買い物ができます。
海外の空港と比べると、まだまだですが、今までよりはずいぶんましになったと思います。

<出国審査>
ここは、あいかわらずダメです。日本の国際空港の出国審査ゲートは、本当にいけていません。列はゲート毎に並ばせていますので、通過できるスピードはどの列に並ぶのかで大きく差が出ます。何故銀行のように一列に並び、順次ゲートを通さないのでしょう。ここはきっと国の管轄なのでしょう。民間のようなサービスや顧客の利便性を全く考えていません。横入りも横行し、おおくの旅行者がここで嫌な気持ちにさせられてしまいます。

<ターミナル内ショッピングゾーン>
有名ブランドを始め、充実したショッピングゾーンが登場しました。買い物がお好きな方は、出発までここで楽しめるはずです。価格をチェックしたのですが、ブランドに関しては都内で購入するよりも10%程度安かったです。

<ラウンジ>
スターアライアンスのラウンジとANAのラウンジをチェックしました。双方共に広くて快適なラウンジとなっています。シャワーもあり、海外の空港のラウンジと同等のレベルになったと思います。問題は広すぎることでしょう。軽食を取りに行ったり、トイレに行くにもかなりの距離を歩かなくてはいけません。でも、広い空間は気持ちが良く、内装も落ち着いています。総じて、満足度は高いと思います。

<搭乗のアプローチ>
とてもわかりやすく、チェックインから搭乗まで迷うことはないでしょう。ターミナルはかなり広いのですが、サインは良くできています。あまり旅行をしない方でも快適に搭乗が可能です。

<帰国時のアプローチ>
これも、よくできています。入国審査までは問題なく戻って来られます。

<入国審査>
入国審査もひどいものです。あまりに酷く、ここは本当に先進国なのか?と毎回感じます。何故欧米の空港のようなシステムにできないのでしょうか。そして、せっかく日本に観光に来た外国人もがっかりするような情けない内装や告知板には、日本人として恥ずかしくなります。こういうところに並ばされている自分にも嫌になります。

<ゲートから>
入国審査以降は、問題なく帰宅できるはずです。その後は、よくできています。

成田空港自体は、かなり古いシステムで、滑走路や空港全体の設計は破綻しています。今時、先進国の国際空港でここまで醜いところは他にありません。しかし、第一ターミナル南ウィングだけをとれば、かなりがんばっていて、こを利用する客の満足度は高いでしょう。

PROS&CONS
・PROS
綺麗な内装とわかりやすいサイン・導線。
上級顧客用のサービス。

・CONS
出国審査と入国審査

<成田空港HP>
http://www.narita-airport.jp/jp/


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 3

ブログにお越し頂き、ありがとうございました。
来週一時帰国の予定で、とてもためになる情報でした。
日本は久しぶりに帰ると変わっている事が多く、いつもおろおろしてしまいます。
by (2006-11-12 00:54) 

ako

海外旅行に出かける時、なぜか昔の第一ターミナルを利用する率が高くて、いつもがっかり…でしたが、日記を読ませて頂いてちょっと成田空港に行く楽しみが増えました。
でも、日本は国際都市というには、まだまだ程遠い感じがしますね。。
by ako (2006-11-12 10:55) 

先日は小生のブログにお越し頂きありがとうございました。
第一ターミナルには先日もA380が飛来して、Boarding Bridge等の設置確認を行ったとか。
運用でA380が成田へ飛来するのは暫くお預けですが、楽しみですね。
by (2006-11-25 01:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。