So-net無料ブログ作成

トリップアドバイザー [サービス]

今回は、ネットでホテルや観光地の評価をしそれを閲覧できるサイト「トリップアドバイザー」を紹介します。

トリップアドバイザーは、世界で展開している旅行に特化したドット・コム企業です。
サイトにアクセスすると、世界中のホテルの評価を読む事ができます。評価はサイトに登録した一般の消費者が実際にホテルに泊まり体験した事を★とコメントで記します。世界中の登録者が書き込んでいるので、かなり膨大なデータとなっており、それなりの説得力があるとされています。
日本語版は、ここ数年で書き込み数が増え信頼度がアップされてきています。
このサービスは日々拡張していて、ここ数年はホテルの評価だけでなく観光地の評価やレストランの評価もできるようになりました。また、これらを直接予約することも可能です。

私は、まだ日本でサービスが開始される前から英語で利用していましたが、日本語が使えるようになり英語と日本語でサービスを利用しています。5年間使ってみた感想を記します。

私は仕事で年に10回程海外に旅行します。その度にディスティネーションの都市で様々なホテルに泊まる事にしています。気に入ったホテルにはプライベートで旅行するとき泊まるようにしています。プライベートでは年に2回程海外に行きます。国内旅行はかなり頻繁に行きます。

そんな旅行がおおい私は、せっかくですので私の経験を少しでもおおくの方に活かしていただければとトリップアドバイザーに書き込むようになりました。そして5年間で100回程度書き込みを行いました。
しかし実際に私が書いたコメントがトリップアドバイザーで閲覧できるようになったのは半数程度でした。

規約を読むと、トリップアドバイザーに書き込まれた評価は、トリップアドバイザーのスタッフが検閲を行っており、規律にあわない文章や不適切とされるワードが入っていると拒否されると書いてあります。
確かに個人や企業を侮辱するような文言や不適切な表現は監視しないとサイト自体が荒れてしまうので、一定のルールは必要だと思います。
ただ、私が書き込んだ評価はそういったものではないのです。
何故、おおくの評価が掲載拒否されるのか?これが長年の疑問でした。何度か運営社にメールをしてみたりもしましたが、はっきりした回答はありません。そして一番残念なのは、せっかく書き込んだコメントが知らぬ間に削除され、書き込み自体が"なかったこと"になるのです。

私なりに分析したのは、以下のルールが存在するのではないかということです。
このサイトは、ホテルの予約でマージンを得ているようです。それは他のサイトでも似たビジネスモデルなので否定するつもりはありません。ただ、★や★★など低い評価と読者が否定的な印象を受けるであろう経験を書き込むと、それは掲載拒否される傾向にあります。どのホテルも拒否されるかというとそうでもなく、特定のホテルのみ拒否されています。
ここから先は皆さんの想像に御任せしますが、要は一般のユーザーに取って公平だと思われない何かが働いていると思ってしまうのです。

具体的に記しますと、私が2年前にある有名ホテルでひどいサービスを受けました。ホテルのサービスは人が行っているのですから失敗もあるでしょう。しかしその後2回宿泊したら、同じ問題が起こってしまったのです。これはシステムの問題だと思いトリップアドバイザーに書き込みました。勿論感情的な表現や問題となるようなワードは使わず、かなり柔らかく記しました。何故記したのかというと私と同じ思いをして嫌な旅行になってしまう方が一定数いると思ったからです。
しかし、このコメントは掲載される事はありませんでした。

似たようなことが昨年と今年もおきました。

トリップアドバーザーは、ある程度参考になると思いますが、ある特定のホテルに関してはフィルターがかけられているようです。そのフィルターは何度質問しても回答されません。そしてせっかく書き込んだコメントは知らないうちになかったことになります。これを理解して利用すべきでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。