So-net無料ブログ作成
ホテル/旅館 ブログトップ

W Hotel Los Angeles Westwood [ホテル/旅館]

  ウェスティン・ホテルが運営する、30 代〜40代向けのちょっと大人っぽいホテルチェーン、W Hotel 。
  今回は、W Hotelで一番はじめにオープンした、Los Angeles Westwoodについてです。

<場所>
  場所は、ロサンゼルスの西、UCLAのすぐ脇です。といのも、このビルはかつてUCLAの寮だったそうです。よって普通の住宅地の中にあり、とても落ち着いています。治安はとても良く、夜でもホテルの周りを歩けます。徒歩圏内には、UCLAの学生街であるWestwoodがあり、ショッピングセンター、スターバックス、本屋、ドラッグストア、映画館などがあるので便利です。ただ、このホテルには観光バスなどは乗り入れていないので、移動には車が必要となります。

<顧客>
  顧客は、アメリカ人のヤングエクゼクティブが中心で、ロビーはなかなか豪華です。よくハリウッドの俳優などもロビーでのんびり談笑していたりします。このような客が集まる理由はいくつかあります。ひとつは、ファッション誌やCMなどの撮影がこのホテルでよく行われているので、知名度がある事。そして1Fのロビーは夜になると大人のためのサロンと化し、多くの富裕層を取り込んでいるのです。ターゲットを絞る事により、見事に成功したホテルです。

<内装>
  Wホテルのラグジュアリー・チェーンのため、内装は素晴らしく(アーバンコンテンポラリー)、とても落ち着きます。  ホテルは、ロビー、廊下、部屋と全て統一されたデザインです。これは徹底していて、感心させられます。さらに他のWホテルでも同様のコンセプトが貫かれています。
  そしてこのホテルの最大の魅力はオールスイートだということです。部屋は小さくても2部屋に別れており、ベッドルームと大きなリビングルームがあります。大きい部屋になるとべどルームが2つにリビングが2つあったりします。これだけ広いので、料金的にはかなりお得なのではないでしょうか。
  ベッドは、基本キングサイズのベッドが各部屋に用意されています。このベッドはシグニチャー・ベッドと呼ばれていて、羽毛の敷布団が熟睡させてくれます。
  リビングには、大きなテレビモニター、DVDプレイヤー、そしてCDプレイヤーがあります。部屋に入るとW HOTEL専用のCDがさりげなく流れています。このCD、とてもセンスが良いので、帰りには是非購入をお勧めします。ここでしか手に入りません。

<サービス>
スタッフのサービスも満足度が高いです。特に文句の付けようはありません。Whenever, Whateverをサービスのコンセプトとしているので、どんなことにも気持ちよく対応してくれます。何か思い立ったら各部屋にある電話の「Whenever, Whatever」ボタンを押せば、すぐにスタッフが動いてくれるのです。

<レストラン>
このホテルには1つのレストランと1つのカフェがあります。味はアメリカのホテルでは優秀な方です。特に不満はありません。ただ、オープン時よりあったレストランが改装され、やや閉鎖的な空間になってしまったのは残念です。また、カフェはプールエリアに移動してしまったため、雨の日の利用はお勧めできません。

<その他>
ホテルにはオープンエアのプール、ジム、スパが併設されています。といっても、ホテル自体の規模がそれほど大きくないため、それぞれの施設もこじんまりしていて、逆にプライベート感が漂い落ち着きます。

★★Pros & Cons★★
Pros
・オールスイートの大きな部屋
・洒落た内装
・充実したサービス
・宿泊する満足度が高い

Cons
・宿泊費がLA平均より高い
・アクセスが悪い
・金曜の夜はロビーがクラブと化し騒がしい
・客を選ぶ

(2005年度計8回利用)
(2006/04/03記述)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ショッピング
ホテル/旅館 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。